HOME > 社員インタビュー > 小山 萌々絵

視野が広がることで着眼点が変わったので
プライベートでも、建物や工事現場などを
よく見てしまいます。

設計工務部 設計課

小山 萌々絵

入社のきっかけ、動機

中途採用で入社しました。デザイン系の学校を卒業のため、建築の知識や実務経験が全くなく未知の業種でしたので、最初はとても不安でした。

実際に面接で話しを聞いてみると、多様な物件を施工していて面白いと思ったのと、「作る物は違いますが、設計もデザインとよく似ている仕事ですよ」と聞き、さらに設計に親しみを持てました。

現在の仕事内容

現在は設計課の事務員として、図面作成の補助、設計工務課の書類の作成、電話対応、事務処理などの仕事に携わっています。

仕事の面白さ、厳しさ

仕事の厳しさは、分からないことや今までに聞き慣れない用語がたくさん出てきますので、理解するまでに時間が掛かることだと思います。

私自身も入社後は右も左も分からなく、図面も今までに見たことがない、知らない用語ばかりで慣れるまでにとても苦労をしました。
しかし、上司や先輩達が根気強く指導してくれたので、徐々に理解できるようになりました。

面白さは、視野が広がることだと思います。視野が広がることで着眼点が変わったのでプライベートでも、建物や工事現場などをよく見てしまいます。

職場の雰囲気

社員同士とても仲がよくアットホームです。職場には外国人社員もいて、互いに協力して仕事を行っています。

水曜日はNO残業デーに設定されていて、また、有給休暇の消化にも力を入れていて働きやすい環境です。

先輩インタビュー