HOME > 社員インタビュー > 村上 真哉

コミュニケーションをしっかり
取りながら仕事を進めていますので、
連携も強いことも当社の良いところです。

業務部

村上 真哉

入社のきっかけ、動機

就職活動中に企業研究をしていて、富士産業が東日本大震災で早急に仮設住宅を供給する体制を整えて、被災された方の支援に大きく貢献したことを知りました。

そのような社会貢献の高い会社で働きたいと思い入社しました。

現在の仕事内容

プレハブ建設現場へのプレハブ部材や机、イス等の備品の搬入出車両の手配、工程の管理やリース商品の継続使用もしくは撤去の確認業務などを担当しています。

電話やメール等で業者さんとのやり取りを行っています。

仕事の面白さ、厳しさ

常に緊張感を持って仕事に取り組んでいます。

一つのミスからプレハブ部材等の搬入出車両の予定が違ってくるので、確認を怠らず、手配するように心がけています。

特にお客様のご要望にお応えでき、感謝の言葉をいただいたときが、一番の喜びです。

職場の雰囲気

困ったときは助けていただける上司や先輩がすぐ近くにいます。また、分からないことがあれば丁寧に指導していただけますので、知識がなくても徐々に理解し、成長できます。

また、部署内のみならず、営業担当などとコミュニケーションをしっかり取りながら仕事を進めていますので、他部署との連携も強いことも当社の良いところです。

先輩インタビュー